Show's Bookshelf

ビジネス書を中心としたショウの本棚

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか
美崎 栄一郎 (著)
単行本(ソフトカバー):256ページ
出版社: ナナ・コーポレート・コミュニケーション
ISBN-10:4901491938
ISBN-13:978-4901491938
発売日:2009/9/11
商品の寸法:18.6 x 13 x 1.8 cm


目次
はじめに
第1章 ノートは仕事でどう使うのか?
第2章 仕事ノートの選び方・使い方
第3章 ノートを使った仕事術
第4章 ノートを使った時間管理術
第5章 自己投資のためのノート術
第6章 デジタルを使ったノート術
第7章 仕事ノートに使うお勧め文房具
あとがき



3冊のノートを用いて日々の仕事をこなす仕事術。
学生とは違うビジネスでのノートの使い方を丁寧に教えてくれる。

まず、この著者は本当に文房具が好きなんだなあと思う。
そして好きなだけでなく、持つことだけで満足せず、それを道具としてツールとして日々の生活に使いこなしているんだろうなあというのがにじみ出ている。

第1章では3冊のノートの役割分担や書き方を丁寧に図解で説明。
第2章ではメインとなる母艦ノートを詳しく説明。ノートの使い方、付箋、日付スタンプ、ポケットなど小道具も色々と出てきて母艦ノートを形作っていく。
第3章ではシチュエーションに応じたノートの使い方。アイデア出し、会議の時など。
第4章では日々のスケジュールを如何にこのノート類でさばくかを解説。
第5章では自己投資のためのノート術。スクラップや読書記録など。
第6章ではノートをデジタル化して記録・保存する方法を。
第7章では著者お勧めの文房具をずらずらっと紹介。

著者が言う3冊ノート術、実は本当に理にかなっているのだ。
メモ・母艦・スケジュール。
これらが相互作用で補完しあい、自分の仕事をストレスなく進めるのに最適なのだ、と。

僕はシステム手帳派だが、システム手帳の場合は母艦とスケジュールが合体している。またしばらくフランクリンプランナー式でスケジュールを管理しているので「大きな石」を念頭に、いわゆる第二領域を作り出すように考えている。

けれども著者は分厚いシステム手帳ではなく、薄く軽いキャンパスノートのダイアリーでスケジュールを管理し、大事なことは母艦ノートに1ページ1コンテンツで記録している。

ビジネスの進め方は千差万別で各人の仕事量や方法で変わってはくるだろうが、複数のプロジェクトやテーマの違う仕事を同時進行するメーカー勤務の著者の方法は、広告代理店勤務の僕にも非常に参考になった。

例えば僕の場合は「売る」という営業面もあれば、「作り出す」という媒体面もある。毛色が違うどころではなく全く違う職種が日々同時進行しているのだ。
だから僕の会社でも東京や大阪は「営業部」と「媒体部」が分かれているし、それは弊社に限らず広告代理店ならばごく普通の光景だ。しかし地方や小さな企業では、それを分けることかなわずに一人が複数の職種をカバーしている。

もとより僕も文房具が好きで綺麗なノートに惹かれるしシンプルなノートに惹かれるし書きやすいと評判のノートならば購入して万年筆からジェルボールペンまで試筆する。
そのワクワク感をそのまま仕事のモチベーションにと主張する著者の姿勢は大好きだ。
だからこそ
高級なノートを使うことであなた自身のモチベーションが上がり、体外的な印象も良くなるのであれば、費用対効果は高いのです。
第2章 仕事ノートの選び方・使い方 P51より

との主張もウンウンと頷きながら読める。

前半は主に3冊ノート術の解説、後半はノートを使用した資格勉強方や読書記録を解説している。
若干雑多な印象は否めないものの、著者のノートの使い方のレベルの高さや文房具への愛情は全体を通して貫かれている。
口絵のノートの紹介、後半の各種文房具の紹介だけでも文房具好きならば「あ、これ持ってる」「これは知らないなあ」などと興味津々で読めると思う。

文体も易しく非常に読みやすい。
全部を真似せずとも、自分に合う方法があれば取り入れるのがベター。
例えばたった数百円の付箋を効果的に使用するだけで、仕事でのストレスが軽減されてスムーズに行くならば真似しない手はない。
この本は一読をお勧めする。

評価 ★★★★★(星5つ)






Posted by ショウ on  | 2 comments 

2 Comments

ショウ says...""
>>美崎さん
おお、ご本人のご降臨とは!
Twitterでもお世話になってます(笑

二冊目のご予定はないのですか?
2009.12.01 09:45 | URL | #- [edit]
美崎栄一郎 says..."ありがとうございます。"
ご紹介ありがとうございます。

もう・・・感激です・・嬉しいですわーーー。

ありがとうございます。<(_ _)>
2009.12.01 03:27 | URL | #mQop/nM. [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。